Profile

岐阜県関市在住のギタリスト。

2002年、18歳で沖縄に渡り、バンド活動をスタートさせる。

ジャンルを問わず様々なバンドに加入(結成)し、沖縄県内各地のライブハウスでライブ活動に明け暮れる。

やがて、所属するバンドでのアルバム発表や、全国各地へのライブツアーなど、徐々に活動の場を広げていく。

2014年、沖縄市のライブハウス「7th Heaven Koza」による企画にて、ソロ名義の活動をスタートさせる。

翌2015年には、ソロアルバム『First Impression』を発表。全てオリジナルの、ギターインストゥルメンタル6曲を収録。

この頃から、サポートやハウスバンド等、バンドのギタリストとしてだけではない活動も行うようになる。

ホストバンドとして、沖縄を訪れるトッププレイヤー達と数多く共演。

2018年に帰郷。

バンドには加入せず、サポートとソロ名義での活動を全国的に展開。

2019年6月に岐阜県関市内のカフェ「R50」にて、帰郷後初のソロ名義でのライブを行う。

更に同年12月には、同市内の生涯学習センターホールにてワンマンライブイベント『Start Line』を敢行。300名キャパシティーをソールドアウト。

関市文化課が運営する「関市アーティストバンク」に(2021.4.6現在)唯一のギタリストとして登録される。

2020年10月、岐阜県美濃市から発信されるインターネットラジオ局「みののわラジオ放送局」にて、トーク番組『ギタリスト志太郎のTime to say Good Night』の放送がスタート。(毎週金曜日21:15~)

同年11月には、配信ソロライブ『Start Line 2020』を開催。

翌2021年3月には、イベントの様子を収録したライブビデオ『Start Line 2020 THE MOVIE』を発表。

2020年以降は自宅に音楽制作環境を構築し、ジングルやBGMを含めた楽曲制作や、ギターレコーディングの依頼にも柔軟に対応している。

ギターメーカー、「K.Yairi」「ESP」の2社のモニターを務める。

また、ギターストラップは三重県の工房「革まさ」のサポートを受けている。